美脚パンツを選ぶコツとライン見せ!

美脚パンツと言えば、いかに脚をキレイに見せれるかという事が大事になってきます。そこで、それぞれのスタイルに合わせた美脚パンツをご紹介したいと思います。

①ポイントは股上が浅いパンツ選び!
一つ目はやはり、年齢を重ねるとともにお肉が付いてきた方にオススメな美脚パンツ選び。
パンツも、股上が厚いものと股上が浅いものの2パターンがあります。やはり股上が浅い方がスタイルをキレイに見せてくれます。どうしても股上が厚いものですとお腹回りが太く見えてしまうものです。

②ポイント、美脚パンツの長さ
美脚パンツというとクルブシまである通常のパンツとまた、ロールアップして履くパンツがあります。今回オススメするのは、ロールアップして履く美脚パンツです。ロールアップすると、やはり華奢な足首を出すことになるので、より女性らしいスタイル見せを実現することができます。足首や首筋(うなじ)を少し出す事で明るい印象を与えるとともに男性が好む気品がある女性を演じれたり、また華奢な足首を出す事で守ってあげたい!という事を感じて貰いつつスタイルもよく見せてくれるのです。

③ポイントは試着した歳に似合うかどうか!
幾ら美脚パンツを選ぶコツを身につけたからといって似合わなければ台無しです。そこで注意すべきは、試着した際にヒップにシワがよらないか、バックお尻のところに付いているポケットの位置がヒップアップ効果がある位置にあるかどうか、以下のポイントを抑えて頂ければ美脚パンツが似合う女性へと変身できると思います。

大人のスカート選びのポイントは

大人のスカート選びのポイントは色と丈の長さということが出来ます。一口にスカートといってもミニからロング、さらにはマキシム、フレアスカート、チュールスカートなど様々な種類、デザインのモノが販売されています。特にチュールスカートなどは透け感があってふんわりしているのが特徴で、可愛らしく1年中履くことができます。ただ大人の女性には可愛すぎる、子供っぽいと感じる人も少なくないでしょう。ですが丈は膝より長いモノ、色は白や黒、グレーといったモノトーンのスカートを選べば大人っぽい印象を与えることが出来ます。さらに合わせる靴でも全体のコーデのイメージがかなり違ってくるのでカジュアルなスニーカーではなく、大人の女性はヒールがある靴やショートブーツを合わせることをお勧めします。またスカートを選ぶ時に好きなライン、形のモノを選ぶ人が多いのですが、大人の女性なら好きというだけではなく自分に似合うモノを選ぶようにして下さい。自分に似合う色を理解している、体型をカバーすることが出来るスカートを選べるのが大人の女性と言えるでしょう。例えば腰が張っている人はウエストマークを太目のベルトなどでメリハリのあるシルエットを目指すことをお勧めします。他にもりんご体型の人ならたぽっとしたトップスにミディアム丈のスカートを選んで、足首を出すのがポイントです。

女性度がアップするワンピース

ワンピースは言わば、異性から見たら永遠の憧れと呼べる洋服だと思います。
女性であれば、幼少期から含めると、人生に一度くらいはワンピースを着た経験があると思います。
そんな私はワンピースが大好きなので、春夏秋冬でワンピースを着ておしゃれを楽しんでいます。

夏場はキャミソールタイプのワンピースを着て、カーディガンを羽織るか、ふわっと肩にかけるか、ストールなどを使って、セクシーさを演出する事が多いです。きちっと目の場所へ参加する時は、ワンピースの上にショート丈のジャケットを着る事もあります。

冬にワンピースを着る場合は、インナーとしてタートルを着用します。ジャンパースカートタイプを着て、ファッションを楽しむ事も多いです。
また、冬場はロングブーツやショートブーツを履いて、ワンピースを楽しみます。甘めのワンピースの場合はあえて、タッズがついているブーツを履いたりもしています。

また、ワンピースで欠かせないのは、ブローチやロングネックレスの存在です。
特にシンプルなワンピースの場合はブローチをつけて、おしゃれ度を増すようにしています。
私にとって、何しろワンピースは欠かせないファッションアイテムです。今後もワンピースを着続けると思います。

服の露出を変えて年齢に合わせる

洋服を選ぶ際には自分の年齢、あるいは見た目年齢に合わせて選ぶようにしているのですが、特に露出する場所を変えるということを意識しています。例えば10代の頃は足を露出することが多く、膝上の夏に欲しいスカートも大きいサイズ専門店で購入やショートパンツなどを履いたりしていました。しかし20代後半あたりからは膝を出すことをやめ、足首を積極的に出していく方向に切り替えていったのです。首とつく部位は露出の少ない大きいサイズの水着で海やプールへすることで女性らしさがアピールできる部位ですし、多少なりともほっそりした印象を与えてくれるというメリットもあります。冬場にタイツを履くときなどでも、膝下丈のスカートやパンツを選ぶようにしています。膝というのは非常に年齢が出やすい部位であり、ある程度の年齢の人が膝を出しているとバランスが悪くなってせっかくの洋服が浮いて見えてしまうことが少ないありません。これは私自身が言われたというわけではなく、たまたま道で見た自分よりも10歳は上であろうと推察される女性が膝上スカートを履いているのを見たのがきっかけでした。その女性はとても大人のサマーニットでおしゃれなコーディネートをしていたのですが、若いときよりも下がってしまった膝によって若作り感が無い綺麗な色のパンツでナチュラルな大人コーデを楽しむ否めない雰囲気になってしまっていたのです。とてももったいないと思ったため、自分では気をつけようと思ったのでした。

服選びも大人の階段を上る

女性が自分で洋服を選ぶようになるのは、小学校中・高学年ぐらいからではないかと思います。アイドルやタレントなどにあこがれる10代前半は、お姫様のようなパステルカラーやレース使いでふわっとした洋服が好きですし、そういったものがよく似合う年代です。10代後半~20代前半にはストレートな女の子らしさを求めるより、ボーイッシュであったりモードテイストであったり、ファッションを通じて自分の個性を表現したい年代です。ファストファッションなども上手く使い、大きいサイズで着心地の良いロングシャツワンピースが売ってる通販サイトよりも見た目重視で選ぶ傾向があります。また、パステルカラーよりもハッキリした色味を好みます。多くが就職し社会人になっている20代後半は、オンとオフの切り替えを大切にした服選びをします。仕事の時には万人受けのするコンサバなファッション、オフの時には自分らしく居られるような、リラックス感を大事にした服選びをするようになります。周りや彼にアピールするため大きいサイズの浴衣を買いにのファッションというよりは、自分のためのファッションといったような意識に切り替わる年代でもあります。30代では、結婚・出産など人生の大きなイベントを体験する女性も多くなります。見た目よりも素材・着心地を重視します。また、色使いもアースカラーなど、40代になるとナチュラルで個性的な洋服を好む傾向かあります。また、この頃のファッションの好みが、その後40代以降でもオシャレな小物使いで女性は差がつく続いていくことは良くあることです。

着こなしやすい服装を

私が服装をコーディネートする中で重要にしていることは「シンプルな服装を、着こなしやすい服装を」という所です。自分自身の生活を「できるだけ簡単に、シンプルに」という方向性があるからなのですが、服装のコーディネートにしても同じことをあてはめています。例えば、服装の色合いについては派手な服は着ない(赤、黄色などの原色系)、モノクロームに近い色合いの服装をよく好みます。原色系の派手な色合いの服は取り回しもききづらいですし、そういう意味では浮いてしまいます。なので地味な色合いではありますが白、黒、灰色など。あとは自分の好みの色なので薄いブルーの色合いの服装を着ています。ボトムスやトップスの選び方もシンプルに・・・という所があるので、まずボトムスはほぼほぼジーンズを扱っています。平日用と休日用とでわけてはいますが、よっぽどの事がないかぎりジーンズを履いています。それ以外のボトムスを履くのは冠婚葬祭くらいです。トップスに関しても冬はパーカー、夏はYシャツ系統のシャツとほぼ固定化しています。理由は単純に脱ぎ着がしやすいからです。職場で作業着に着替えるような仕事をしているので、さっと着てさっと脱げることを重要視しています。

自分に合った服装をすること

自分の容姿や性格によって、合う服装は変わってくると思います。肌の色の違いでも、似合う服は変わると思うので、やはりまずは自分に合う色や服の形を知ることが大事だと思っています。私が思うオシャレな女性服は、単に流行を追っているものではなく、やはり着る人が輝けるような服装が一番です。オーダーメードで服を作ることはほとんどありませんが、やはり自分の体型にピッタリ合った服装をすることも重要だと思います。既製品の服はS、M、L、LLなどにざっくりと分かれているだけなので、細かな部分はやはり体型にピッタリとはいきません。私の場合は肩幅が広いので、そこが合わない場合があります。そのため、必ず試着をしてから買うようにしています。私は10年ほど前からピンク系の色の服も着るようになりました。それまでは自分のイメージには合わないと勝手に決め付けて、着てきませんでした。なので、最初は自分に似合うかどうか分からなかったのですが、ピンクを着るようになってから、私のイメージがその色になっていったようです。自分の着たい色を着ることで、他の人から見た自分のイメージまでも変わっていくものなのだということをこの時に初めて思いました。服装は性格や思考も変えてしまうようです。

知っておきたい40代50代ファッションのコツ

40代、50代になってくると、老化現象もそろそろ始まる頃で、顔の肉がたるんできたり、顔の色もくすんでききたり、頭髪にも白髪が混ざってきて、若い頃に比べれば、なんとなく汚い印象になってしまうのが、この年代の共通した悩みかと思います。

ですからこの年代になったら、出掛ける際のファッションも充分に気をつけて、服選びにもルールを設けて選択することが必要となります。何も考えず、若い頃に着ていたような服のままでは、余計に老けた印象を周りに与えてしまいますからね。

そこで具体的な服選びのコツですが、まず第一に、「シワが出来にくい生地」のものを選びましょう。麻製のジャケットやダメージジーンズなどは極力避ける。シワの出ないスッキリとしたラインが出る服を選ぶことが大切です。第二に、「一色か二色、もしくは多色すぎない大きな柄のプリント」の服をお奨めします。この場合の色は何色でも構いまん。派手な色でも落ち着いた色でも、お好みの色を選んでください。この二つのコツさえ出来ていれば、まず老けて見られることはありません。

実は、何故そう見えるかはちゃんと理由があります。

デザインの世界において、様々な色彩で塗られた密な部分と、一色でベタ塗りされた広い部分とをバランスよく配置すると、両者が共鳴しあって全体として非常に良いデザインとして見えるという、デザインの基本法則があります。

つまり人が老けていくと、必ず他人の視線がいく顔部分がシワやシミやたるみによって密な状態になっているため、服も密なものにしてしまうと、全体がうるさく見えて余計に老けて見えるのです。若い時に何を着ても似合うのは、顔自体に張りがあって密な状態になっていないからなのですね。

とかく老けてくると落ち着いた色や柄選びがちですが、大事なのはそこではありません。
40代、50代になったらの服選びのコツ。
「シワが出来にくい生地」
「一色か二色、もしくは多色すぎない大きな柄のプリント」
この二つを組み合わせるだけで、あなたのファッションの世界は一段と広がることでしょう。

服を購入するときの私のこだわり

私は姉妹で、妹がファッションのセンスがある方だったので、学生の頃はなんだかんだいつもダメ出しをされていました。
今ではそれなりに自分のこだわりやスタイルが固まってきて、服選びの失敗もほぼなくなった気がします。
まずは、お家でどんな服があるか一通り頭の中にインプットしてから、買い物に出かけます。
マネキンで飾ってあるものは、今の流行だということはわかってはいるのですが、それが自分に似合うかどうかは別問題です。
とりあえず流行のものできになるものは試着していくと、自分がどういう感じのものはどうしても似合わないか、というのはだんだんわかってきます。
私は基本的には、上をプレーンな色のものを何色か買って、下をジーパン、プラスチェック柄など柄物の7部丈パンツを買うことが多いです。
背が低いので、スカートもパンツも出来るだけ切らなくてもそれなりに見えるものを探して購入しています。
ストライプやボーダーも大好きなので、トップスとして買うことも多いです。
同じ黄色でも、明るい黄色が似合うのかちょっと落ち着いた黄色が似合うのか、その人の肌の色によって違うと思います。
必ず鏡で当ててみて、第一印象パッとしたものを買うようにしています。

買いたい服を比べて選ぶこと

通販サイトで衣類を購入するのは、すごく便利だけど、自分に合いそうな衣類かどうか、よく確認してから購入しています。デザインがいいな、と思った衣類をいくつかピックアップして、サイズや色をしっかり比較します。より着回ししやすそう、手持ちの衣類に合いそう、と思ったアイテムを選ぶようにしています。実際に人が着用している写真があれば、必ず確認しています。衣類を着ているのはモデルさんだったり、ショップスタッフの方だったりしますよね。身長が同じくらいのスタッフさんが着ている場合は、スカート丈が特に参考になります。いいなと思ったアイテムはすぐに買いたくなりますが、まずはしっかりと似合うアイテムを比較して選ぶことが大事です。通販は便利だけど、届いた商品によっては、返品や交換をしたい場合もあり得ます。ただ、セール品や限定商品の場合は、返品や交換ができないケースが多いですよね。そのため、確実に合うかどうか、チェックして買うようにしましょう。返品できるケースであっても、どんな条件の場合は返品や交換ができるのか、念のためにチェックしています。返品するときの送料は、買主負担のこともあるし、手続きが面倒ですよね。できるだけ返品や交換は避けたいものです。